スポンサーリンク

タイ株月次報告 2019年10月度

スポンサーリンク
ー投資月次報告
スポンサーリンク

とうとう月間収益ゼロ

ども、おっさんマガジン編集長です。

先月は配当があったので、売買益は無くとも配当収入がありましたが、

10月度はとうとう収益がゼロとなりました。

2019年に入って初めてのことです。

 

おっさん
おっさん

「あ”~~、悔しい!」

 

とは思いますが、

まぁ焦っても仕方ないですし、良しとしましょう!

何年も続く投資人生のごく一部のたった一か月収益の話ですから。

 

ということで、10月度はタイ株による新たな収益は発生しませんでしたので、

2019年通算としては

タイ株の売買益で+191,238baht、配当金は88,614baht、

合計で、279,852bahtのままです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

含み損祭りを受けて戦略転向を悩み中

私は、基本ギャンブラーなので、

手元に資金がある時は一気に買ってしまうのが常でした。

 

しかし、こんなことを続けていては、

近い将来、退場する日が来るのは自明です。

実際、現在総投下資金の25%が減ってしまっている状況です。

 

おっさん
おっさん

投資を始めた時期が悪かった

なんて言って言い訳するのは簡単ですが、

私と同様に2018年4月頃に投資を始めた方の中でも、

大きく勝ちこしている方もいらっしゃると思います。

 

なぜ勝てなかったのか、

なぜ含み損を大きく抱えることになってしまったのか。

それを考えた時にまず頭に浮かんだのが、

分散出来ていないということ。

ここでの分散は、銘柄時間です。

銘柄の分散戦略

現在10銘柄を保有していますが、

各銘柄の投下資金に対する保有比率は、

4%程度の物から20%を超える銘柄まで様々です。

 

まずは、今後1銘柄に対する総資金の比率を、10%を超えないようにすること

次に、現在の10銘柄から20~30銘柄に分散をしていこうと思います。

 

現在含み損を抱えている銘柄を、早急にどんどん損切りしていくのではなく、

毎年、資金を投下していき、5年をめどにリバランスを達成できればと思います。

評価損、含み損になったら損切り、儲かったら売りというのを繰り返していては、

いつまで経っても自転車操業というか、いつまでも相場との睨めっこが続きます。

 

もちろん、相場でデイトレやスキャなどを行い、

完全にギャンブルとして見ている時は、

楽しいし、ワクワクするし、キリキリ感はたまらないものがあります。

しかし、これは資産運用ではなく、完全投機的綱渡りです。

 

少額ならいいでしょう。人生のスパイス的に。

 

しかし、私が運用しているのは、

サラリーマンとして汗水たらしてゲットした大切な資金です。

追加で資金投下していくよって話

こんな大切な資金ですので、

無くなったら痛いし、将来に向けて増やすのはいいけど、

ガンガン減っていったら話になりません。

せっかくパチスロ辞めた意味がありませんw

 

もしスロットを続けていたとしたら、

負けまくって、現在投下している資金さえ

パチ屋に献上して無かったはずなので、

手元にあるだけマシではありますが、人間は欲張りな生き物なので、

増やせるもんなら増やしたい(-ω-)/

 

挑戦と安定ではないですが、

投機的に短期間で爆儲けor爆死の一か八かをして

失敗したら後から取り戻せばいいっていう若い年代ではありません。

安定的に着実に増やしていくべき年齢かなと。

 

始めに200万とか300万円とか投下して、

あとはその資金を回して増やして、ひたすら増やしてひと財産稼ぐ

なんてことが出来る天才であれば良いですが、

大多数の凡人は夢を見るのは自由ですが、夢をみた人は相場から退場していきます。

なので、追加で資金を投下していき、The 地道にいきます。

 

ということで、11月は3.5円=1bahtくらいになったら一旦両替して、

少しずつ購入していこうと思います。

たま~に一気に買うより、頻繁にチョロチョロ買い

これで行こうと思います。

ではでは。

にほんブログ村 株ブログ タイ株へ
にほんブログ村