スポンサーリンク

タイ株月次報告 2020年3月度

スポンサーリンク
ー投資月次報告
スポンサーリンク

+2,006baht勝ち

ども、おっさんマガジン編集長です。

我ながら、これほどまでに意味のない勝ちはあるのか?(=゚ω゚)

2月度の損切りから1ヶ月、ほぼほぼトレードせず、見てるだけ月間となりましたが、最終日の3月31日に売るモノ売って利確となりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

3月の売買

■3月売買

ー勝敗  2勝 これほど意味のない勝ちは無いw

ー売買益 2,006baht  ショボっ。てか、マイナスじゃないだけマシか・・・。

ー売買銘柄 TVO, BTSのワラント株

■2月配当

ー配当銘柄 KIAT, TPIPP, BH

ー配当益     28,476baht

■2020年 収益

ー売却損 477,478baht ( ゚Д゚)

ー配当益 36,621baht

ー含み損 約170万baht あぼーん再び(-.-)

3月13日以降は、この-170万bahtの±20万bahtくらいをさまよっている感じです。

 

今回のコロナショックと原油が元通りになれば、

戻してくれそうな銘柄がほとんどではあるものの、

チラホラと「こりゃもうだめじゃねぇか?」っていう銘柄が

混ざっていることは見て見ぬふりをしているかもしれない可能性もあるかもしれない事を認識しているのかも知れません。

 

正直、これだけ大きな含み損を抱えている中、2000bahtポッチ利確したところで何の意味もありません。

むしろ、利確したことによって将来の値上がり益を逃している可能性が高いです。

なおさら、それが特に長期投資対象銘柄である場合は。

含み損を抱える覚悟をしたということ

損切りで保有銘柄を切らずに未だに抱えたままにしているということは、

「株価が騰がるまで待つ」という決意のはずです。

現在評価損を出している銘柄が、元通りの株価になったところで我々投資家には何の意味もありません。

現在の株価が落ちている間に、いかに資金を投下することが出来るかで、

将来のリターンは全く違うものとなります。

そのためには、購入する銘柄をしっかりと見極め、

適当な資金を適切なタイミングで投下することが必要です。

たった一日で10%も動くような相場は、またあるかも知れませんし、もう無いかも知れません。

しかし、通常の相場であっても、数日間もあれば10%なんて平気で動く事だってあります。

 

そんな大きく動き出した時に

ココロの平穏が保てないような、適切な判断な出来なくなるような

自分の器を超えた資金は投下しないように気を付けたいと思います。

 

暴落後の世界に向けて

今回の暴落がいつまで続くのか、2番底は来るのか?3番底は?など、

考えるだけ無駄だと思っています。

だって、短期の株価の動向なんてこの世の誰にも分かるわけがありません。

 

もし分かる人が居るなら

今すぐ借金してさらに信用取引でレバレッジ掛けて、それを繰り返して倍々ゲームであっという間に億万長者です。

そんな人居ません。

 

そもそも、今ブログやYouTubeで話題のスゴい確率で予想が当たっている人も、

損をするときは絶対にあるし、それを上手な資金コントロールとタイミングで生き残っているだけ。まぁ、この資金コントロールこそが一番難しく、玄人が玄人たる所以だと思います。

勝率、予想が当たる確率が重要なんじゃなくて、資金コントロールによって、
ハズした時には損失を最小化し、当たった時には利益を最大化する。

私を含め素人投資家は、
何としてもこの相場で退場せず生き残り、玄人投資家に成りたいですね。

 

また、損をしたことが無いなんて言っている人は、

勝負した回数が少ないだけ。

野球でも規定打席ってものがありますよね。規定打席に達していない者は

評価するに値しないということで、その成績はなんの参考にもなりません。

 

こういう人達の予想を宗教のごとく無条件で信用して、

あの人の予想はよく当たるとか、この人言ってること良くハズすとか、

当たるか外れるかなんて考えてる時点で、ただのギャンブルに成り下がっています。

しかも、他人の予想に自分の大切な資金の命運を掛けるなんて馬と鹿にもほどがあります。

 

予想は出来ないと言いましたが、唯一私が予想できるのは、

私が死ぬ頃には、今のSET指数1,100ポイントよりも高い数字になっていると思っています。
願っているともいいます。

だから、長期間の投資を念頭にタイ株に資金を投下していくつもりです。

たまに短期でギャンブル勝負するのはご愛嬌ですが。

 

この長期投資において、また特に今の暴落局面では、

自分が想定する投下予定資金をあらかじめ按分し、

時期なのか、株価なのかあらかじめ決めた自分ルールで無感情で資金投下していくこと。

 

この「無感情で」というのが、簡単そうで実は最も難しいのですが、

可能な限り自分で決めたルールに乗っ取って資金投下していきたいと思います。

 

まずはこの自粛モード、テレワークにかこつけて自分ルールを確立することが先決ですね。

ではでは、4月度も頑張って行きまっしょい(=゚ω゚)

にほんブログ村 株ブログ タイ株へ

コメント