スポンサーリンク

デイトレで食っていけるわけ無いおっさん

スポンサーリンク
ー今日のタイ株
スポンサーリンク

今日のタイ株 2020年4月15日

SET指数 1,236.10

ども、おっさんマガジン編集長です。

 

本日は、昨日のリベンジとばかりにデイトレ。

デイトレードで稼げば仕事なんてしなくていいじゃーんとか言う

浅はかな夢を見事に打ち砕いてくれた日となりました。

一体、これまで何回返り討ちに会ってきただろうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

見えない敵と戦うデイトレード

本日のSET指数は、

寄付きからしばらく下落

そこからプラス域まで株価上昇

後場から一転して下げ下げ下げ

と、なりました。

 

本日私がデイトレでチャレンジしたタイミングは、

寄付きからしばらく下落中。

 

結果的に見れば、下がっている途中で買って、

買った直後にちょっとだけ下がったのですぐに損切して

その直後にあっという間にそこからプラス域まで株価上昇する頃には

手元に無いという、ビビリトレード。

 

あと、5分耐える事が出来れば、利確出来ただろうに、

見事ショボい損切りで終了となりました。

 

扱った銘柄は、BDMSPTTEP

お堅い値動きの病院株と、ビュンビュン動く今話題の原油関連。

両方で30万bahtほど買い、あっという間に損切り。

1,500bahtほど寄付しておきました。

 

トレードなんて自分のルール次第ですが、

勝てば官軍、負ければ賊軍だと思うので勝てなければ意味がありません。

言ったそばからルールを変えようが、無視しようが、勝てばいい。

 

トレードを振り返ってみると、

売った直後の株価上昇に注目すれば、無駄な損切り。

後場からの株価下落に注目すれば、傷を広げずに逃げる事が出来た。

と解釈することが出来ます。

解釈の仕方次第ですが、負けたことには変わりまりません。

 

自分が想定する株価の動きと違った場合は、

すぐに売るのが鉄則かも知れませんが、その許容できる幅があまりに狭いといつまで経っても勝てません。

かといって、その幅が広すぎると、いつもいつも大怪我をすることになる。

一瞬で判断しないといけないデイトレは、その時のマインドが

トレード成績に大きく関わってきますね。

こんなん毎日続けるとか無理。

 

デイトレやスイングの専業で食っている方は、まさに鋼のメンタルの持ち主。

わしゃぁ、無理じゃ。

ゆっくりトレードで、兼業として大人しくやっていきましょう。

ってことで、仕事も大事。

 

だからって全くデイトレにチャレンジしない訳ではなく、

せっかく家に居る時間が多くなっていますので、

トレードの経験を積むためにも、チャンスがあれば何回でも諦めずに挑戦していきたいと思います。

ではでは。